Angle meets Patcheare on demand feat PHEEK(ARCHIPEL) @metro にて出店

0
    angle090205

    Angle meets Patcheare on demand feat PHEEK(ARCHIPEL) @metro
    2009 2 5 (thu) 22:00open

    前売¥2,500 with1Drink  当日¥3,000 with1Drink
    前売はチケットぴあ(0570-02-9999/0570-02-9966、Pコード:315-007)
    ローソンチケット(0570-084-005、Lコード:58895)にて1/17より発売 
    ※前売発売場所:ぴあカウンター、ファミリーマート、サークルK、サンクス、ローソン各店


    GUEST ACT:
    Pheek(ARCHIPEL)
    Stefny(Achipel / Addon)
    PsysEx(shrine.jp)

    DJ:
    Baiyon(D1 Recordings)
    tsukasa(Brilliant*,ISOLA)
    DJ A.I.(Angle)

    VJ:
    moairoq

    FOOD:
    cafe la siesta



    ●PHEEK
    [ARCHIPEL / M-NUS / CONTEXTERRIOR / TELEGRAPH / TIC TAC TOE / LEFTROOM from CANADA]
    本名Jean-Patrice Remillard。カナダ・モントリオールの新世代テクノ・シーンの旗手。Daniel Bell / Rob Hood直系のミニマリズムと剥き出しのファンクネス、とびきりシャープで滑らかな音色センスが際立った個性を放つトラックメイカー。90年代後半から自身のトラック制作を開始し、EpsilonlabやThinner、Clevermusicといったネットレーベルから数多くのリリースを重ねて来た彼が一躍その世界的な知名度を上げたのはM_nusの[Minimise to Maximize]やパリTelegraphの[Too Cool For School Pt.1]といったコンピレーションにトラックが収録されたことがきっかけ。Pheek自身が運営するレーベルArchipelにおいてはRyan Crosson、Tom Ellis、Ditchといった優れたアーティスト達を紹介すると同時に自身の12インチリリースも積極的に展開。2006年にはアルバム[En Legere Suspension]をリリース、これを期に初来日を果たし、今回で2度目の来日。




    ●Stefny [Achipel / Addon]
    本名Stefny Winter。Achipelの新進気鋭のArtist。彼女は生活をする毎日の中で感じるリズムやメロディーを聞き、絵描きが絵を描くようにトラックへその感じた音を移し出します。それはとてもディープで今日都会の中で沈む音、また海のように広い感覚を感じさせるミニマルミュージックを創りだし、人を魅惑してきました。2007年、Dietrich SchoenemannのレーベルAddonから「Radiolaria EP」をリリース。その後Pheekと出会い、Achipelと共に制作活動を始動。Achipelの新進気鋭のArtistとして初来日を果たす。




    ●PsysEx(shrine.jp)
    サイレンスサイエンス、サイセクス。エレクトロニカファンクネスを再定義しつづけるジャパンマイクロスコピックの雄。daisyworld discs、涼音堂茶舖からのアルバムや12k,port,imagined recordsなど上質なレーベルのコンピレーションへの曲提供など多数作品を発表している。shrine.jp/underground galleryからリリースされた4thアルバム"psx_vi"が話題沸騰中。09年"psx_vi"のリミックスEPシリーズをアナログにてリリース。また、DJソフトウェアを用いたデータDJ/DJ用トラックメーカ、DJ iToy(ディージェーアイトイ)として、DifusionRecords(シカゴ), MindtripMusic(ブエノスアイレス)からEPがリリースされている。SyncopatedMusik(ミネアポリス)の初期メンバーとして名を連ねEPリリースが決定している。




    ●tsukasa(Brilliant*,ISOLA) 
    これまでiro,podなどでのレジデントを経て、Brilliant*でプレイ、ISOLAをオーガナイズするテクノDJ。重過ぎず軽過ぎないミニマルなリズム打ちと安定したロングミックスを軸に、硬軟バランス良く織り交ぜるそのグルーヴは独特。



    ●Baiyon
    <http://baiyon.com> <http://www.myspace.com/baiyon>
    サウンドプロデューサー/DJ/アートディレクター/グラフィック・デザイナーと様々な顔を持つ京都在住のマルチ・アーティスト。 Baiyon/nessなどの一連の音楽活動では、幼少の記憶を想起させる様なエクスペリメンタル・サウンドからミニマルテクノ/ハウスまで幅広く製作している。近年ではspring reverb(san diego),DEAF(dublin)等、度々海外のフェスティバルにも招聘され現在までにMexico,USA,Ileland,Franceにてライブをおこなう。2004年ドキュメンタリー映画"MOOG"サウンドトラックに楽曲を提供、本編ではオープニング及びエンディングの一部に楽曲がフィーチャーされる。2006 年5月シングル&アルバムLike a school on lunch timeをリリース。2008年東京のWC RECORDINGSより、"Goshoguruma EP"、アイルランドのD1 recordingsより"S Soup EP"をリリース。また、グラフィックの活動も盛んで、平面、映像作品を始め、物語性のあるデザインは、様々なメディアで起用されt-shirt、CD、レコード等のグラフィックデザインや、アートワーク提供、キャラクターデザイン、様々なコラボレーションを行っている。そして、2008年夏Q- GAMESとのコラボレーションによりアートディレクション、グラフィック&サウンドを手掛け、様々な活動を行ってきた集大成とも言える PLAYSTATION3ソフト"PixelJunk� Eden"を発表する。また9/24にANIPLEXより"PixelJunk� Eden ORIGINAL SOUNDTRACK"をリリース。グラフィック/プロダクトデザイン等を連動させ音楽だけではなくヴィジュアルを含めた世界観を提示している。




    ●DJ A.I. 
    京都在住、2000年D&BのDJとしてキャリアをスタート。2004年渡航先のロンドンで、techno / click houseに出会い衝撃を受ける。帰国後の2005年より、エレクトロニカアーティスト、PsysEXの主催するshrine.jpの所属DJ「DJ A.I.」として活動開始。現在テクノパーティー「Angle」DUB, UNDERGROUND MUSICパーティー「NIGHT TIME HIGH」オーガナイザー兼DJ.別名義で「TAMAI-I」としてDUB, NEW ROOTSのDJとしても活動中。過去から現在様々な音を渡り歩いてきた経験から繰り出されるグルーブは必見。京都UNDERGROUND MUSICシーン最重要DJの一人。




    ●METRO
    http://www.metro.ne.jp
    京都市左京区川端丸太町下ル京阪丸太町駅2番出口 恵比須ビルBF
    Tel:075-752-4765
    京阪電車でお越しの方は、神宮丸太町駅2番出口階段を上がりきるまでにあります。地上からお越しの方は、川端丸太町交差点東南の京阪電車入口からお入り下さい。


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:370 最後に更新した日:2016/03/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM